スキンケアを変えないと・・・

30代になって、スキンケアも今までと同じでいいのだろうかと思っているところです。

若い頃は何もしなくても特に肌トラブルを抱えなかったけど、

最近はくすみが気になっているんですよね。。。
続きを読む…

憧れの職業

幼少期に憧れていた職業は、人によっては色々あります。スポーツ好きな男の子であれば、サッカー選手や野球選手になりたいと憧れる子供も多いでしょう。保母さん、看護婦さんになりたいと考える女の子は多く、憧れの職業の筆頭ともなっています。憧れの職業アンケートでは小学生の場合は男の子の一位がサッカー選手、女の子の一位はケーキを作るパティシエだそうです。成長するに従って、憧れる職業の内容は実現性を見越したものになります。サッカー選手や菓子作り職人のような一見すると派手な職業への人気は、中学、高校と成長していくにつれて小さくなっていきます。これらの職業に取って変わるのは、自分にできそうな職業、興味を持てそうな職業、給料や待遇が良い職業が憧れの対象になります。医師や教師に憧れる子供は比較的多いようです。小さな頃はおおまかな希望だったものが、大人に近づくにつれて脳外科の医師になりたい、高校教師になりたい等とはっきりしてきます。高校では、文系、理系と学習内容が異なるカリキュラムも登場してきます。つきたい職業によって、大学の学部を選び、受験科目を選択する必要も出てきます。どの大学に入り、どういった勉強をするかを決めるためには、憧れの職業をはっきりさせておくことが大事です。下園壮太さんのセミナーはとても役に立ちます。

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme